富山のワイズホーム社長・吉田利樹の日記。日々の想いや商品開発ストーリー・新商品のご紹介・完成見学会などをお知らせしています。


by yshome

<   2014年 10月 ( 2 )   > この月の画像一覧

社長、いつになったらブログの続きが始まるのとの

多くのお声もいただいておりながらすいません。

もういいや、と言わずにご興味のある方は引き続き

お付き合いの程、よろしくお願い致します。
早朝から昨晩暗がりで周ったツェレの街並みを散策。
築400年とか500年という信じられない建築物が街並み
を形成してます。ディズニーランドのような雰囲気です。
c0101235_16592370.jpg

c0101235_17058.jpg

そして、今日は念願の当社も愛用してます自然塗料製造会社リボス社へ
製造工程や施工実践などいろいろ教わり、楽しませてもらいました。
c0101235_1735231.jpg

c0101235_1742693.jpg

リボス社でおいしいランチまで頂き感動でした。
 
午後からは、ハンブルグへ移動。
「IBA」国際建物展覧会が行われた都市を見学。今も実験棟として、人々が実際に
生活されてます。太陽の向きによって動くソーラーパネルや、水の中に生息する藻
を利用したエネルギー再生装置などなど不思議な物ばかり。
非常に難しいながらも私の創造もできない現実に出会い驚くばかり。
ブログでは長くなるので割愛させていただきますが未来都市のような街並みでした。
c0101235_17172024.jpg

c0101235_17182147.jpg

そして、今宵はハンブルグのホテルへチェックイン。
c0101235_1721080.jpg
c0101235_17215914.jpg

夕食は、ビアレストランで乾杯!
明日も、早いので早々にホテルで就寝。
しかし、まだ時差に馴れず大変でした。
[PR]
by yshome | 2014-10-26 17:25
2日目

AM7:00の朝食を終え、荷物をまとめて
AM8:00にはバスで出発。
まずは、地元でパッシブハウスの建築・研究に取り組んで
おられます、ABGホールディングへ。
こちらの会社は地元の古くなった集合住宅をパッシブハウス
に改装し賃貸の斡旋をしたり、分譲販売されてるそうです。
社長さん自らパッシブハウスを供給していく意義を熱弁頂き
この町に無くてはならない企業としての存在感を十分にご説明
いただきました。
オドロキポイント!壁の中の断熱材が40cmなんです。
日本は厚くても10cmですから・・・・・
社屋自身もパッシブ仕様で暖房も無いのに暑いくらいでした。
勿論、照明もすべてLED。

参加者皆さん、眠いはずなのに講議中は真剣にメモを取っておられ
びっくり。見習おう!
その後、実際に建築された物件を視察し次の目的地へ移動。

途中のドライブインで昼食。
オドロキポイント!トイレ前に清算機。なんとトイレが有料です。
しかし、そのドライブインで食事をするとその分割り引いてくれました。

午後からは、フランクフルト ZUB大学センターへ。こちらも日夜
パッシブハウスを研究されてる施設でその日の天候や気候によって
空調や照明が作動したり、壁面に自然の土をこねて作ったレンガを
貼り付け保温や調湿効果を補ったりとまるで生きてる建物のようでした。

次は、ガイドのケーニッヒさんも携わったという30年前に造られた
エコの先駆け住宅団地の視察。
屋根に緑を繁殖させたり家の周りも植物を繁殖させたりと低エネルギー
低コスト住宅が30年という年月を感じさせなく佇んでおりました。
c0101235_11572027.jpg

雨水を利用して草木に水を与えるそうです。
c0101235_1158570.jpg


午後からも広いドイツの台地を駆け回りその日に宿泊するホテルに着いたのが
PM9・00これから夕食です。
まずはこれ。
c0101235_1221132.jpg

みんなで街中の洋食屋さんで遅いディナー。
その後、ホテルへ戻り明日に備えたのがPM11:00。
この、ツェレの街は古い町並みですが情緒があり楽しそう。
その日は遅かったので、明日の朝に散策する事にしました。
c0101235_1242987.jpg

築数百年の建築物が建ち並ぶ町並みです。
3日目につづく
[PR]
by yshome | 2014-10-05 12:32 | 商品開発ストーリー