富山のワイズホーム社長・吉田利樹の日記。日々の想いや商品開発ストーリー・新商品のご紹介・完成見学会などをお知らせしています。


by yshome

<   2011年 07月 ( 6 )   > この月の画像一覧

塗り壁の おうち

射水市にてM様邸の基礎工事が始まりました。

c0101235_13193560.jpg


M様邸も当社ご推薦の まっ白なスイス漆喰のお家 に仕上がります。

来月にも2棟の地鎮祭を予定しております。

やはり、1棟はスイス漆喰の お家ご希望のお客様です。

漆喰塗りのお家の良さを少しづつではありますが、ご理解いただけるように

なってまいりました。

今日は、立山町のY様邸でも照明器具等の最終お打ち合わせに伺っておりましたが

外部もほぼ完成して、来月には内装も仕上がります。

9月には皆様にお披露目できるかと思います。今日も何枚か写真を撮ってきましたが

完成までは、画像の公開を控えさせていただこうと思ってます。

事前に私のブログでご覧になられてますと実際の完成見学会での感動が

薄れそうなので・・・

オーダーメイドキッチンも来月上旬には仕上がります。ガラス球の取手もいい感じです!

完成見学会をお楽しみに、、、もうしばらくお待ち下さい。

どうしても、待ちきれないお客様は完成前ですが こっそりご案内させていただいても

結構です。

ご連絡下さい。
[PR]
by yshome | 2011-07-31 13:47 | 新商品の発表
最近は、リフォームのご依頼が増えております。

他社ではやっていないリフォームがご評判いただいております。

羊毛断熱材や能登珪藻土、しっくい、もちろん無垢材等々私の

こだわりの素材に共感いただけますお客様のご紹介にてご縁を

いただいております。

わいずほーむで新築されたオーナー様が、やはり住んでみて初めて

解る良さが わいずほーむ の家にはあるとご紹介いただいております。

ありがとうございます。職場の友人の方であったり、親戚の方であったりと

広がりを頂いております。

私は、いつもリフォーム現場で大変貴重な勉強をいつもさせていただいております。

今回の現場も30年もの歳月を経過した姿が見ることができます。

そして、お客様と一緒に検証し悪いところは同じ繰り返しをしないように

素材のご提案をさせていただいてます。

今回は断熱材をお見せします。

c0101235_1642366.jpg

壁の中のグラスウール(断熱材)ですが、黒ずんでいるのはカビです。

壁の中の材木を腐らせたり、カビの胞子が舞いゼンソクの原因にもなります。
c0101235_16425696.jpg

c0101235_16431740.jpg

高い部分は、当時の大工さんは届かなかったのか断熱材が入ってません。
写真では見えにくいのですが、所々にネズミのフンが貯まっており巣になってます。
その近辺の柱もかじられてます。

今回のリフォームでは当社がいつも使ってます羊毛断熱材を使用します。

そして、施工後にはしっかりお客様に見てもらい確認いただきます。

羊毛断熱材には人体に影響の無い程度のホウサンが入ってますので

ネズミやゴキブリなどを寄せ付けない効果があります。

また、仕上は能登珪藻土を塗らせていただく予定ですので湿気に対しても

これで解消されるかと思います。

グラスウールがこんな状態になるのが解っていても更にグラスウールを

使ってリフォームや新築の提案をするのは本当にお客様のことを思って

工事をしてるとは思えません。作る側も常にお客様目線で自分の家を

建ててるという意識が大切です。仕事だから、、とか いつもこの

材料を使ってるから、、、、とかじゃなく

なぜ、この素材を提案するのかという事が大切だと思ってます!
[PR]
by yshome | 2011-07-27 17:06 | 商品開発ストーリー

リフォーム現場にて

今日はとても恐ろしい画像をお見せします。
c0101235_1446348.jpg

c0101235_14461474.jpg

何かと申しますと、現在リフォーム工事をさせていただいてますお宅の

水配管とお湯配管の切り口断面です。

築30年のお宅の銅管です。ミズアカやゴミで水道管の中が腐食してます。

こんな水道管の水をお使いいただいてたんですよ!

とお客様にもご確認いただきました。

更に、ハリガネでごそごそゆさぶって水を通すとこんな状態です。

c0101235_14502392.jpg

さび水の海です。日頃、コップに汲んだ水をなにげなく飲料しておられたそうです。

特別、健康的にも問題はないそうですが見てしまうとゾッとします。

で、全ての配管を当初の私のご提案通りに交換する事となりました。

なんで、そんな提案ができるのかは やはり今までの経験のなかでそのような

お宅を見てきてるからです。体外想像がつきます。やっぱりっていう感じです。

お客様から聞いたお話ですが以前に大手量販電気屋さんでエコキュート

の取替え見積もりを依頼されたそうです。内容は今の灯油ボイラーのあるところで

配管をつなぎ直しエコキュートを設置するだけのお見積だったそうです。

やっぱり素人は怖いですね!そんなことをしますと給湯器が新しくなり水圧も

強くなります。そこへ古い配管を利用してお湯を送るとどうなるか?必ずどこかで

亀裂が入りパンクします。亀裂だけなら床下で永遠に水漏れが発祥してると思います。

そのうち地盤が緩んだり、床下の湿気がカビの原因や白蟻の温床になったりと・・・・

あまり、低価格に飛びついて素人に任せるのはお考え下さい。

経験豊かな、担当者へのご相談をお奨めします。

どんなに、大手企業でも担当者次第で仕上がりが違ってきます。

お気をつけ下さい。新築も同様かと思ってます。
[PR]
by yshome | 2011-07-22 16:03 | 日々思うこと・・・
先日、申しておりました立山町にて建築中の Y様邸へ

早速、温度計を持参して行ってきました。

7月17日(日曜日)快晴 PM2:30~

外気温度は39℃をさしてます。暑い!
c0101235_15575440.jpg


中に入り10分後、一気に35℃まで温度が下がりました。
c0101235_1559667.jpg

まだ、下がりそうでしたが これだけ違えば十分。

これは、断熱材のウールブレスと外の しっくい塗りの効果です。

しかし、内装はまだこんな状態にもかかわらずです。
c0101235_1612980.jpg

内装のボードが貼られ、スイス漆喰で仕上がる予定です。

更なる効果が期待できます。

夏は涼しく、冬は暖かい お家の 検証です。

私の自宅は、14年前に建てた断熱材はグラスウールで外壁は14mmの

サイディングボード貼りの家ですが、室外と室内の温度を参考に比べて

みましたが、ほとんど温度差はありません。ウールブレス(羊毛断熱材)

の家がうらやましいです。


これも、一つの節電効果につながる実績と思ってます。

地球にやさしい、家計にやさしい家づくりを更に追求していきます。

お楽しみに!そして そのご提案が 皆様に喜んでいただければ幸いです。

Y様邸も外回りの工事もほぼ終わります。
c0101235_1613338.jpg

c0101235_1614684.jpg

木部の塗装もいい感じに仕上がってました!
[PR]
by yshome | 2011-07-17 16:25 | 商品開発ストーリー

淡いピンクの漆喰

先日より、天気も良く立山町の Y様邸では外壁の漆喰塗りが施工されました。

淡いピンク色に調合された漆喰です。なかなか異国的な雰囲気に仕上がりました。

自分で言うのもなんですが、この団地のどのお家よりも 素敵に仕上がった

と思ってます。

チラッとお見せします。全体の雰囲気は足場が外れてからお見せします。

c0101235_14554391.jpg

c0101235_14555560.jpg

c0101235_1456556.jpg


今日は、朝から現地で Y様ご夫妻とのお打ち合わせでした。

外は、朝から暑かったのですが家の中に入ると

明らかに温度が下がるのが感じられます。

羊毛断熱材の効果、外壁の漆喰の効果ですね!内装にも漆喰を塗りますので

更に、夏の暑さを和らげてくれると思います。

夏は涼しく、冬は暖かいお家です。

体感されたい方はご連絡下さい。誰でも感じていただけると思います。

今度、温度計を持参で計ってみようと思います。

Y様、どんどんお友達に自慢なさってもよろしいかと思いますよ!
[PR]
by yshome | 2011-07-10 15:04 | 商品開発ストーリー
以前より、秘密の倉庫としてお伝えしておりましたアンティクショップの

ガレット・マスターさんですが、一般のお客様にもどんどん販売されていく

とのお話しを伺い、これからは秘密の場所とお伝えしなくてもよくなりました。

私としてはチョットさみしいのですが・・・

小矢部市下中137
ガレット・マスター アンティークス
定休日 日曜日・月曜日

興味のある方は、お出かけ下さい!

で、立山町で建築中のY様邸のリビングドアができたとの一報をもらい

行ってきました。

ピカピカに仕上がってました。
c0101235_17154278.jpg


Y様邸は、外部のサイディング工事も終わり来週からは いよいよ塗り壁施工

が始まります。
c0101235_1716502.jpg

まずは、ひび割れ防止に ドイツのSto工法にて下地を作ります。

c0101235_17243461.jpg

今まで何件かの塗り壁のお家を施工させていただきましたが、

このSto工法を採用してからは、外壁のひび割れを経験してません。

安心できる工法です。いろんな施工方法がありますが大切な外壁を守る部分です。

そんな下地の工法までも当社はこだわります。多少コストが高価でも!

漆喰の仕上がりが楽しみです。

ちなみに、このY様邸はお客様のご好意により完成見学会を行う事となりました。

お楽しみに!!
[PR]
by yshome | 2011-07-02 17:29 | 商品開発ストーリー